和歌山レザーフェスティバルに行ってきた!!(画像あり)

和歌山県民の皆様、こんばんは。
かのんつみです。

和歌山って革皮(ひかく)産業発祥の地なんですね、昨日知りました。

調べたところ、東京・兵庫・和歌山の三都県が三大産地らしいです。

会場は「和歌山市中央コミュニティセンター」
和歌山駅から20分、宮前駅から15分ほど歩いた所にあります。

11月24日・25日の2日間開催で、屋内イベントのため食べ物や屋台等の出店はありませんでした。

皮革を取り扱っている法人様が1階の出店スペースで展示を行っており、服・靴・鞄・財布等の小物や、デイボン様のスペースでは端切れも売られておりました。

出店一覧は、
(株)高田商会様:衣料
デイボン様:小物
神戸オアシス様:婦人靴
(有)コシネルコーポレーション様:衣料
かつ邑様:毛皮・舶来品
アスカ・アート様:バッグ類
(有)伊藤商店様:紳士靴・婦人靴
有限会社ロフト和光様:衣料
(パンフレット記載順)

となっており、紳士淑女が多く、ブースの写真を撮るのは断念しました(汗)

どの企業様もリーズナブルな価格で出品されており、かなりビックリしました…

僕は新しい財布が欲しかったので予算3万円で出向いたのですが、2800円の薄い長財布が気に入って購入しました(笑)

値段は安かったですが、小銭入れが無かったのでお金持ち向けなのかな🤔

2階では、レザークラフト教室と称して、革にハンマーでアルファベットが書かれた棒を打ち付けて印字するオリジナルストラップが作れました。(僕は作ってないですが)
また、有志で製作された皮革の小物や鞄の販売も行われており、1000円以下の商品も多かったです。

3階では、和歌山県の組合や法人様が非販売の展示を行っていた他、1日目は司会「わんだーらんどさん」進行のビンゴやクイズ大会。
2日目は司会「のりちゃん(073)さん」でモノマネ芸人の「ほいけんたさん」のショーがあったり、チャリティーオークションが行われたりしていました。

(ほいけんた 爆笑ものまねショー撮影)

うん、プロは盛り上げるのが上手だと実感しました。

先着プレゼントで1日目は革製キーホルダー、2日目は革製小銭入れが、両日150名限定で貰えたようですが、2日目の12時頃行ったところ既にありませんでした。
どんなのだったか気になる…

行ってみた印象としては、規模は小さめでしたが、展示やイベントは本格的なので短期間で買い物を楽しむのがいいかなと思いました。

今年が23年目?らしいのできっと、来年も開催されることでしょう!
気になった方は是非来年足を運んでみて下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です