うさぎ跳びで足の冷えが治った(๑¯ω¯๑)

どうもです、かのんつみです。

自分は低血圧冷え性で年中足が冷たいのですが、筋トレを兼ねてかかとの上下運動をしていたのですが血が通っている感じというか、熱を持っている感じというか(筋トレだから当たり前のことなんだけど)、寝てから起きるまでずっと冷たいと感じていた足先がポカポカしていたので紹介しておこうと思います。

自分がやったのは単に「かかとを上下する」ことから始まり、太股も一緒に鍛えれないかと思ってつま先だけでスクワットしていました。なんかうさぎ跳びっぽい形なのですが、うさぎ跳びを実際するとドシドシ鳴って親に怒られそうなのであくまで跳ばない「うさぎ跳びごっこ」に行き着きました。

足が冷えるのは筋肉の血液ポンプ機能が衰えているらしいので、とりあえずふくらはぎを重点的に鍛えればいいと思います。

自分は筋トレ後にストレッチはしませんでした。理由は「筋肉に血を溜めておきたかったから」です。筋肉痛になるんじゃないかと思いますが、こまめに行えば防げるようで、一度に限界まで筋トレしてしまうと乳酸が溜まって足にダメージを与えるのでその場合は危険だからストレッチした方がいいらしいです。

寝る30分前に行うことを意識したところ、疲れてすぐ眠ることが出来たので夜ふかしの予防にもお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です